ol'55

スバルXV情報中心ブログ(旧:スバルXV通信)



Subaru, one of the smallest global automakers, hit a major milestone this week. Subaru Corporation announced global sales of Subaru vehicles rose 11.1 percent to 1,065,000 units, surpassing the one million mark for the first time. Subaru’s fiscal year ended March 31, 2017 and the final numbers have been tallied. They can thank U.S. consumers.

 
小規模自動車メーカーであるスバルが一年間の販売台数が昨年対比11.1%増の106万台に達し、初めて100万台を突破することが発表された。 


関連記事:



Subaru need to thank U.S. consumers for the big milestone where it sells around 60 percent of its global production. The rest is split between, Japan, Australia, Canada and Europe. The small Japanese automaker has seen a significant rise in sales in the U.S., where Subaru has carved out a niche with their all-wheel-drive crossovers. Subaru of America will thank U.S. consumers in a big way.


スバルの販売台数のうち、実に60%はここアメリカであり、爆発的な販売を続けている。スバルは彼らの4WD車たちとともにニッチブランドを作り上げたんだ。だからスバルはこの偉大な道のりを作り上げたアメリカのユーザーに感謝しなければならない。


ihs-fleet



U.S. consumers will see the new-generation 2018 Crosstrek arriving this summer and will feature refreshed exterior styling, it will grow slightly in size, ride on an all-new platform, and enjoy better fuel economy with a new direct-injection 2.0-liter boxer engine. It will also come with several Eyesight upgrades, including the addition of Lane Keep Assist, High Beam Assist, and Reverse Automatic Braking when an obstacle is detected backing up.


そして間もなく、ここアメリカでも新開発されたプラットフォームを採用し、刷新されたエクステリアデザインを身にまとったスバル新型XVがデビューすることとなる!



A new Crosstrek Hybrid is coming with fuel-sipping technology that’s being developed now. Subaru says the new hybrid Crosstrek has been in the works for quite some time. The hybrid model will arrive later in the year after the new-generation Crosstrek gas model makes its dealer launch.



そして今年度の後半には現在開発段階にあるスバル新型XVのハイブリッドモデルも登場することになるだろう!


関連記事:

関連記事:   



There’s more coming from Subaru Corporation. A new 3-Row crossover called Ascent is already in the developmental stages and it should be ready for U.S. families late 2017 as a 2018 model. It will also be built at the Subaru plant in Indiana and will be the largest vehicle Subaru has ever produced. It’s being designed specifically for the North American market and won’t be sold anywhere else around the globe. The Japanese automaker will thank U.S. consumers in a big way with the new 3-Row Ascent SUV.


新型車の登場はこれだけではない!
新開発された3人乗りSUVであるASCENT(アセント)も近い未来に登場することは確実の状況だ。
この新型車はアメリカ市場のみで販売される予定だから、アメリカ以外の国では購入することができないだろう。
スバルの快進撃はこの新型3人乗りSUVと一緒に確実に推し進められていくことだろう。


関連記事:


by Torquenews



自動車業界の後半、ということは17年10月~18年3月頃にはXVのハイブリッドモデルが本当に登場しそうな雰囲気ですね!

一部ではトヨタの技術を用いたハイブリッドモデルとの情報もあるので、燃費も良さそうだし、どのようなエンジンに仕上がってくるのか、とても楽しみですよね。


関連記事:





ま、燃費なんてオイラにゃ関係ないけどね~ (笑)


関連記事:


下取情報:あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

下取情報:あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

下取情報:買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス







そういえばスバル新型XVの燃費ってどれくらいだったったけ?確かリッター16kmくらいだったような・・

思い出せないくらい燃費を全く意識しないことに今さらなながら気づき、燃費もしっかり把握しないまま契約しちまったというわけです・・


関連記事:



そう、おいらは燃費の良しあしなどまったく気にしていない!! 

むしろ燃費を気にしない消費者が増えてきていることの方がに一般的になってきているのではないでしょうか。

いや、もちろん無駄に家計簿を意識する奥様方からすれば0.1ポイントでも燃費が良いクルマを選びたがるのはわかりますが(例えばうちの奥さんとか・・)、一方で時代は安全志向に傾いており、燃費を意識して購入する方は少数派になりつつある気がしています。


関連記事:



燃費?


いまどきのクルマはどれ選んでも燃費性能に大差ないっしょ。

これくらいの認識だと思いますよ実際。燃費が決して良くないJEEPがデザイン面だけで売れている!こんな記事を読むとホントそう感じます。


「なぜJEEPはアメ車で唯一売れているのか」


米大手のフォード・モーターは昨年末に日本から撤退した。一方、アメ車で唯一気を吐いているのが、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のブランドの一角を成す「ジープ」だ。

(中略)

1941年の本国での発売以来、60年以上ラングラーは2ドアのみだったが、2007年の刷新で初めて4ドアが設定され、日本でも顧客層を広げることができた。モデルチェンジから年数が経つと販売が落ち込むのが自動車販売の通例だが、ラングラーは10年経っても人気が衰えていない。

(中略)

「ラングラー独特のデザインで、競合する車種が他ブランドにない」と人気の理由について分析する。独BMWの「X3」や独ポルシェの「マカン」などが同一車格のSUVだが、顧客がそれらの車種と比較検討してラングラーを選んでいるわけではなく、「指名買い」に近い感覚で選ばれる傾向がある。ちなみにラングラーの価格は396万円からで、X3やマカンよりも200万円以上安い。

3月20日付東洋経済オンライン



ダイハツのミライースだって燃費を追いかけなくなったわけですし!




「ミライース 燃費競争やめた訳」



ダイハツ工業は5月9日、同社で最も廉価な軽乗用車「ミライース」を約6年ぶりにフルモデルチェンジして発売した。かつて、ライバルのスズキとの燃費競争に火をつけて話題になったモデルだ。

新型車は燃費よりも、自動ブレーキなどの安全・安心面や走行性能を売りにしていく構えだ。ペダルの踏み間違えによる事故が多発する中で、高齢者ドライバーが比較的多いミライースで大きな方針転換を図った。価格は84万2400円から。月間販売目標は9000台だ。

(中略)

燃費はガソリン1リットル当たり35.2キロメートル。フルモデルチェンジ前とまったく同じ値だ。
ダイハツは今回、新型ミライースの燃費を据え置く決断をした。カタログ燃費が1リットル37キロというスズキの「アルト」に比べると劣る。

(中略)

ダイハツの方針転換は燃費競争の終焉を意味している。初代の発売時は東日本大震災後で節約志向が強く、ガソリン価格も高騰する中でHVが耳目を集めていた時期だ。だが超高齢社会が進展する中、昨今は高齢者の運転事故が話題になっている。予防安全技術も当時より進歩するなど状況が大きく変わった。

5月10日付東洋経済オンライン




まさに燃費競争の終焉であり、そしてJEEP/ラングラーのような指名買い嗜好なわけですよ、指名買い!

クルマ、もしくはブランドが持つフィロソフィに共鳴するから指名買いするのですよ!



JEEP、ほどの強烈な個性は無いにしても、スバルにはそのフィロソフィに共鳴してクルマを購入する人がいるからスバリストなる熱烈なファンを獲得することに成功しているのではないでしょうか。

そして私もまさにその一人となるわけです。

だから、「お荷物」の開発に着手してこられたスバルの開発陣には敬服するばかりでございます。
よくぞ、SGPを用いた最高のSUVを仕立ててくれた!と。




今回の開発でプロジェクトジェネラルマネージャー(PGM)をつとめた商品企画本部の井上正彦さんは、次のように振り返る。

「こんなに高価で重量のあるプラットフォームが本当に必要なのかと。正直に言うと、“お荷物”とさえ考えていたんです」

(中略)

近年、多くの自動車メーカーが採用している新型プラットフォームは「軽量化」がセールスポイントとして謳われていることが多い。だが、SGPでは「軽量化」の文言はあまり打ち出されていない。

(中略)

「試作車に乗って、その走りに掛け値なし驚きました。まさかここまで大きく進化できるとは。このときから、それまではお荷物くらいに思っていたSGPが、開発チームの大きなモチベーションになったんです」

「SUVは車高が高いから安定性が低いとか、そういう言い訳は絶対にしないぞと思いながら取り組みました。クイックに動きたいときはしっかり応え、戻すときも気持ち良くクイックに。まっすぐ快適に走り、安心・安全に移動できる。走りの質感については、妥協なくやり切ったと自負しています」

77767_1568_976f690b49beebf922da6a0d7ecea696
5979e_1568_eae8f6a4761c7a648e7ffaca6a6c572c


5月8日付WEB CARTOP




軽量化することで燃費は改善されるものだと素人的には考えてしまうのですが、軽量化を捨ててでも「安全性」と「走りの質感」を求めたスバルの開発陣は素晴らしいの一言に尽きます。

2012年、先代XVが市場投入された時点から次期車である新型XVの開発に着手されていたと勝手に推測するのですが、燃費志向が高まる中、お荷物とされていたSGPの開発を真摯に前向きに取り組まれたその姿勢と信念が素晴らしい。


そんなスバル新型XVが間もなく5月24日に正式発表されますよね。


今から試乗が愉しみで仕方ない!

みなさんもこぞってスバルディーラーに試乗に行こう!


あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス










ただただ新型XVのピュアレッドを集めてみただけです、オッス。

ここまでくると禁断症状ですね。w



29a60a6e9d4f19aca773464c0e6c1cbe
20f1dc68bfd88a8a471f0a27b3e688e8
IMG_7414-640x288



o0480036013912098050



ニャンざぶろうさんの情報では恵比寿ショールームに1.6Lのピュアレッドが展示されているみたいですね、時間見つけて駆け込んでみます!




関連記事:
関連記事:
参考雑誌:ニューモデル速報 No.551新型XVのすべて (モーターファン別冊) [雑誌]
参考雑誌:ニューカー速報プラス 第48弾 スバルXV (CARTOPMOOK) [ムック]
新型XVを安く買いたい方必見■ネットで見積り簡単比較■ オートックワン無料オンライン新車見積り!




Subaru’s Forester has been the brands best-selling model in Subaru of America’s lineup until last year when the Outback wagon took over.

 
ここアメリカでは、スバルの中で一番売れているクルマはずっとフォレスターと決まっていた。
そう、アウトバックに1位の座を譲ることになってしまった去年まではね。


Forester is only made in Gunma, Japan, while Outback is also manufactured in the U.S. plant in Indiana.One reason it passed Outback is because supply is increasing. 


フォレスターが1位の座をアウトバックに譲った最も大きな理由は、アウトバックが現地アメリカで生産しているにも関わらず、フォレスターは日本の群馬工場のみで生産されているため、供給が追い付かなくなってしまったことが挙げられるよ。


In the U.S., the 2017 Subaru Forester SUV had its best April ever and there’s been 45 consecutive months of more than 10,000 Foresters sold. While Forester lost its number one position last year to the popular Outback wagon, Forester is back on top in April with the SUV selling 14,761 compared to the Outback’s 14,469 units.


しかし、そのような状況下にあるにも関わらず、2017年4月、フォレスターは4月度として過去最高となる14,761台を販売し、14,469台を販売したアウトバックをおさえて、見事に1位に返り咲くことに成功したんだ。


subaru_forester_terrain1




There’s three core values that SUBARU has stayed with on the Forester SUV. Those include good visibility, cargo carrying ability and versatility. The secret to Subaru’s success is that they stick to the basics and then they keep improving on them. Another core value is their excellent Symmetrical all-wheel-drive the brand builds into their entire lineup except for the BRZ sports car.


そこには3つの理由があると思うんだ。それは①視認性の良さ、②荷室の積載能力、③フォレスターが持ち合わせる多様性、の3点だ。
スバルの開発者はこの重要な要素に磨きをかけ改善に改善を重ねてきた結果が身を結んだわけだ。
そしてもう一つの重要な要素がBRZを除く全車種に適合しているシンメトリカル4WDの存在が挙げられるだろう。


Consumers have come to know Forester as a “go-anywhere” small SUV.


だってすでにユーザーは理解しているよ、フォレスターというクルマが”どこにでも行くことのできるクルマ”だってことをさ。


The 2018 Forester will get a refresh, but for the 2019MY, the SUV will get a complete remodel. The new fifth-generation Subaru Forester will arrive sometime next year. Forester will get a complete overhaul and will ride on the new Subaru Global Platform, which will breathe even more life into the small SUV. It will come with new exterior styling, get a more comfortable cabin, will get improved fuel economy with a new-generation boxer engine with direct-injection, improved driving dynamics, and improved safety features.


そして来年2018年にフォレスターはフルモデルチェンジを迎える。この第五世代のフォレスターにはスバル社が開発した次世代プラットフォームであるSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が採用され、刷新されたエクステリアデザインに加え、より快適性の高い室内空間とスバルご自慢の安全機能も搭載され、さらには新開発されたボクサーエンジンの影響により燃費も大幅に改善されて登場することになるだろう。


Look for the 2018 Subaru Forester to get a refreshed exterior and interior, new technology upgrades and more safety improvements. The new-generation 2019 Forester will get a major overhaul and stay on top.


今年度後半には第4世代フォレスターとしては最後のマイナーチェンジを行い、熟成の域に達することだろう。そして来年にはフルモデルチェンジを行うことでフォレスターは商品価値を下げることなく、好調な販売を続け、トップの座を守り続けるに違いない。


By Torquenews



スバル新型XVがお披露目となった今、次に聞こえてくるのは新型フォレスターの足音ですよね。
当ブログでもフォレスターの最新情報を追いかけます!




◆合わせて読みたい!

関連記事:
関連記事;
関連記事:

フォレスター情報誌:新型フォレスターのすべて (ニューモデル速報 第527弾) [ムック]

フォレスター中古車情報:全国の新鮮在庫から、欲しいクルマを今すぐチェック!



その昔、密かに購入を検討したことのあるクルマ、それがこいつ、

20151003182213b05




そう、トヨタ/モビリスタのカスタマイズカーであるカローラクロスフィールダー


ただの「フィールダー」ではなく、「クロス」が入るところが超~ポイント。


スバルXVをパクったかのようなホイールデザインとオレンジのボディカラー、そして張りぼてのようなフェンダーガーニッシュが印象的なカローラクロスフィールダー。



こいつに惹かれて、わざわざディーラーまで訪問したことあるとですよ・・


その時の記憶に残っていることと言えば悠々とした商談スペースの真横には子ども2人には十分すぎるキッズスペースがあったこと。普段、めったなことでトヨタの門戸をくぐることはないので、「さすがは天下のトヨタ様、余裕があるなぁ」と思ったものです。


実車の印象は?と言えば、そりゃ可もなく不可もなくということだけしか記憶に残っておりませんね。
(実車より商談スペースの印象が強く残っているくらいですから・・)


だって所詮はカローラですもん。


宣伝写真は上手に撮られていますが、実車の15インチアルミホイールと車体のバランス感が悪く、違和感ハンパないし、内装もSUV車にしてはひねりが無くパッとしない・・

201510031821584c0

sub2_s


仕方ないですよね、ベースはカローラですもん。


なんでわざわざ商談に出向いたかって?


そりゃ、ネットの写真が上手く撮られているからでしょう!
充分アクティブ感演出されていますしね。


carlineup_corollafielder_top_2_10_pc




でも、実車が残念だ。思った以上にカローラで、とても残念だった。仕方ないですよね、だってベースはカローラだし、クロスフィールダーを目的として開発されていないだろうし、時代の流れに合わせたトヨタ得意のなんちゃってSUVだしね。

結局外観見ただけで試乗もせずに帰ってきたんですよ。


え?


試乗したからイメージ変わったかもしれないって?



あり得ないですよ。

だってカローラですよ。w


所詮、クルマだって女性と一緒でファーストインプレッションが大事なわけですよ。

フィーリングの合わないクルマの乗り味がいくら素敵でも外観・インテリアに所有する喜びを感じなければ選択肢には入らないと思うからです。


俺のクルマってドライブフィーリングは最高!でもデザインは最低!

とは絶対ならないはずなので・・



個人的には「カローラ」の3文字が入るだけで選択肢からは外れるかも。だっておじさんくさいし。というか今だにカローラの名前を残すことにどんな意味があるのだろう。「カローラください!」とディーラーに飛び込んでくるお客さんは果たして何人いるのだろう。
今のトヨタ車のラインアップでカローラの付く車種は「アクシオ」と「フィールダー」の2車種のみ。ルミオンも終了しましたしね。もうわざわざカローラつける必要ないでしょ。なんだかトヨタの今の成功の立役者であるカローラの名前はこれからも残しておくべき!みたいな風潮があって残しているのであればそれはまさに自社の栄光とエゴの塊りみたいなもんだ。そんなもの捨ててしまいましょう!

だって私のような子育て世代の30代が「カローラ」の名前があるから購入を検討しない、言っているのですから・・

もう、それはダメ、ってことでしょ。


いや、そもそもトヨタ車が好きではなかった・・


関連記事:

 

結論、トヨタであるか否か、カローラであるか否かはおいておいて、百聞は一見に如かずなので、気になるクルマがあればまずは実車を見にディーラーへ行こう!




◆カローラよりXVでしょ!




◆今こそスバルに乗ろう!まずは愛車の査定から!

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス



いい加減にブログにアップするのも飽きてきてしまいました、米国スバルの販売台数速報・・

うそでしょ?って言うくらい好調すぎて面白くないんですよね~

もちろん4月の販売結果も超絶好調!はい、ドドーン!



・Record April - monthly sales increase 4 percent over April 2016
・65 consecutive months of yearly month-over-month growth
・Best April ever for Outback, Forester and Impreza
・38 consecutive months of more than 10,000 Outbacks sold
・45 consecutive months of more than 10,000 Foresters sold

・販売実績は4月単月としては過去最高、昨年同月対比で4%増!
・65カ月連続で前年同月実績を超える販売実績を記録!
・アウトバック、フォレスター、そしてインプレッサは4月として過去最高の販売台数を記録!
・アウトバックは38カ月連続10,000台以上を販売!
・フォレスターは45カ月連続10,000台以上を販売!



ね、面白くなぁい!!

恒常的に好調すぎて感覚おかしくなってしまいますよ、ホント。


The automaker also reported year-to-date sales of 196,618 vehicles, a 7.6 percent gain over the same period in 2016.


2017年1月~4月の販売台数合計は196,618台で、過去最高の販売台数を記録した2016年を7.6%も上まわっている。


関連記事→



今年はスバル新型XVの投入もあるし、年末から年始にかけては新型7人乗りSUVアセントの投入もありそう雰囲気なので、おもしろみには欠けますが今年も記録更新間違いなし!ですね。



Impreza sales for April 2017 increased 66.2 percent over the same month in 2016 and marked the second time that Impreza has topped 8,000 units in a month.

4月の販売増に最も大きく寄与したのがインプレッサ。驚くことに昨年同月対比で66.2%増で8000台以上も販売したのだ。



05_s



"We are well positioned for continued success with our crossover models, as well as record sales volume from the all-new Impreza." 

新型インプレッサの好調度合からもわかる通り、我々の好調な実績はまだまだ続くことだろう。

By Yahoo Finance



仰せの通り・・


米国におけるスバルの好調も危うい、的なニュースをいくつかみかけたりもしますが、投入車種、販売戦略、ともに盤石な感じがしており、この好調は2~3年は続くのではないでしょうか。


関連記事→

関連記事→




ちなみにXV(米国名:Crosstrek)の4月の販売台数は7218台!

好調インプレッサとの差はわずかに820台ですから、新型投入後の販売台数は10,000台の大台突破も十分あり得ますよね!

それだけは楽しみだ!



m(__)m毎度の意訳、ご容赦くださいm(__)m


◆Let's get on スバル新型XV!



SUBARU MAGAZINE vol.9 (CARTOPMOOK)
交通タイムス社
2017-04-10


関連記事→


◆スバル新型XVに乗ろう!まずは愛車の査定から!

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス




4月30日付@DIMEの記事からの抜粋です。


大きな課題は、コネクティビティについて全く考慮されていない点だ。「CarPlay」や「Android Auto」などを使って、スマートフォンやタブレット端末を接続してテザリングでインターネットにアクセスすることができないのだ。同じセグメントの日本車でも可能なクルマが増えてきているのに、である。



なるほど、DIMEらしい視点で、こういう考え方もあるのだなぁ、と思いました。

クルマ購入にあたり、全く意識の回らなかった部分であり、改めて考えさせられます。

海外ではナビ付車の割合ってわずか20%程度みたいなので、CarPlayみたいな機能はおおいに受け入れられそうですが、なんと言ってもここ日本の道路事情は複雑ときているからまだまだ精度の高いナビシステムの優位性があるのではないでしょうか。(と勝手に思っている)

私のように海外出張の多い人間は現地で車に乗る機会が多いのですが、海外の道路って本当にシンプルですよ。
いや、ナビなんていらないし、マジで。
実際使っている人ほとんど見たことないし。

(因みに私は海外出張時、タクシーに乗る時や目的地への到着時間を知りたい時だけGoogle Mapを使用しています。アホな運ちゃんがちゃんと目的地に向かって走っているかどうかを確認するためだけではありますが、かなり有効的です。Google Mapの渋滞情報を秀逸なので、渋滞に突っ込みそうになった時は迂回することを指示することもあります)


だけど日本は違いますよね。

私のデュアリスには9年前のカーナビが装着されていて、9年間一度も更新していませんが、今でも何の問題もなく使用できちゃうし、不便なことは一切ございません。

それにCDだって録音出来ちゃうし、やっぱりカーナビって便利。


もちろん、Iphoneでも目的地検索は容易にできるし、その性能の高さは皆様ご存じの通り。

ただ、やっぱり細かなディティールの部分、例えば縮小や拡大、コンビニ検索や行き先ルートの提示数などなど、Iphoneの機能では追いつかないホスピタリティがカーナビに備わっていると思うので、私はまだまだカーナビ派ですね。

マツダだってマツダコネクト一本縛りにしていないあたり、まだまだ日本ではナビ派が多いことが理由じゃないのかな、と思ったりもします。


そんな今でこそカーナビ様におんぶに抱っこの私ですが、20代の頃は「カーナビ反対!男なら地図でしょ!」と粋がっておりました!

「道を間違えてもそれも旅の楽しさ!」なんて強がっていたもんです・・


偉そうなこと言うわりに、実は地図を読むのが死ぬほど下手だったので、当時の彼女(今の奥さん)に地図を見ながらナビしてもらっていました・・


だからスバル新型XV購入にあたり、Panasonicビルトインナビ(ナノイー付8インチ)以外の選択肢は一切なく、ほぼ無条件で選びました!

営業マンに「気休め程度ですが、ナノイーが空気も清浄してくれますよ~」なんて乗せられたりもしましたしね。


CarPlayに空気は清浄してくれんだろ!



ま、ということで、使ってみたこともないCarPlayに文句言っても仕方ないのですが、私は最新カーナビ+ナノイーで十分でございます!



実際CarPlayを使ったら全く違うこと言うかもしれませんけどね~


carplay



◆マジ、カッコいい、スバル新型XV!





◆スバル新型XVの購入検討される方は先ず下取り車の査定から!

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス






今週前半から海外出張中にも関わらず、初日から高熱にうなされ、風邪薬とリポビタンDを服用しながら、何とか週末を迎えております。

(今ももちろん仕事中・・)

当然ブログも全く更新出来ていなかったわけですが、更新しなければPV数も落ちる・・

まぁ、これも当然と言えば当然です、ハイ。


そしてブログを更新しなければPV数が下がるということはこのブログが「新型車情報提供ブログ」として認知されていることの裏返しかな?とも思ったりしていて、今後どのような形で運営していくかを本気で考えなければならない時期に来ていると感じていたりいなかったり・・


でも、まぁ、これからも大好きなXVを中心にフォレスターやアウトバック、たまには他社の情報を織り交ぜながら、自由な感じで続けていきますので、どうぞお付き合いください!




話は変わって米国では売れているんですよね、レガシィアウトバック


関連記事→アウトバックが売れまくった5つの理由!

関連記事→【海外】アウトバックの勢いが止まらない!



実際カッコイイですしね、レガシィアウトバック


関連記事→【気になる車を考えよう!】第1回レガシィアウトバック(富士重工業)


米国の著名な投資家であるウォーレン・バフェット氏(83)の愛車がSUBARU「レガシィ アウトバック」ではないかとの噂もありますよね。


バフェット


すごいですね、レガシィアウトバック


今回は米国で快進撃を続けるレガシィアウトバック
フォレスターを押しのけて好調な販売を続けているその理由に迫ります!



①室内空間の広さと快適性がGood!


Inside, the Subaru Outback interior comes with 108.1 cubic feet of passenger room whereas Forester comes with 103.3 cu ft. Outback’s cabin has been restyled for 2018 with a more refined feel and enhanced comfort with upgraded materials and new finishes, with stitched dash and door panel trim. For 2018, the Outback’s interior is now quieter with the added noise-reducing laminated front side glass and more aerodynamic side mirrors.


アウトバックの室内空間はフォレスターに比べて約5%広く、2018年モデルではインテリアも刷新されているし、静粛性も高まっているから快適性が増しているよ。



②新しいSTARLINKテクノロジーがGood!


Outback now comes with Subaru’s updated STARLINK multimedia system with Apple CarPlay, Android Auto, and Pandora integration. Tech-savvy consumers can use wireless pairing and hands-free operation with your smartphone while connecting your favorite apps to the new wagon. You can access news, navigation, music, podcasts, audiobooks through available STARLINK apps and SiriusXM Satellite Radio. The 2018 Outback gets a new 8-inch touch screen.


STARLINKシステム(※)だってアップグレードされているよ。車を運転しながらニュースやナビゲーション、音楽やポッドキャスト、だってハンズフリーで操作できるし、画面サイズだって8インチにバージョンアップされているよ。

(※)SUBARU STARLINKは天気、音楽、ニュースなどのコンテンツを車載のナビゲーションシステムで表示・操作できるようにするためのアプリです。




③乗り心地がGood!


Outback has the longer wheelbase (the distance between the axles is four inches longer than the Forester). Lengthening the distance between the axles provides a smoother ride in the Outback because the vehicle platform covers more square area and therefore bumps are less noticeable. Subaru engineers also made upgrades to the chassis that include retuned suspension dampers, along with retuned steering and brake systems for a direct feel and an improved driving experience.



アウトバックはフォレスターよりホイールベースが長いため、スムーズな乗り降りが可能だし、運転時にガタガタ感じることも少ない。
それに18年モデルではサスペンション含んだシャーシそれ自体も改良されているから、これまで以上に心地よいドライブフィーリングを味あうことができるだろう。


2018_subaru_outback_0



④静粛性がGood!



Subaru Outback gets quieter inside as the Lineartronic CVT automatic transmission for 2.5i models now uses a quieter short-pitch chain, while adjustments to engine timing under acceleration further reduce powertrain noise. Subaru engineers also reshaped exterior mirrors that further reduce wind noise. New sound-insulating glass for the front side windows makes the front seat area quieter and thicker rear wheel well aprons should reduce noise in the backseat.


アウトバックはリニアトロニックCVTの恩恵を受けているから室内空間の静粛性はもともと高い。
そして今回サイドミラーを改良したことによって風切音の削減に成功しているし、
前席の窓に新しい防音ガラスを使用されたことにより、これまでより格段に静粛性が向上している。



⑤力持ちだからGood!


Many owners are looking for a vehicle that will tow a small camper, boat or multi-purpose trailer. Forester can tow a small utility trailer, but for a sailboat you'll need the Outback 3.6R. The Subaru Outback has a 2,700 lb. rating with six preset gear ranges (3,000 lb. with optional 3.6-liter engine). The Forester has a 1,500 lb. tow rating with two preset gear ranges.


アメリカで自動車を所有する多くのオーナーはボートや多目的トレイラーを引っ張る車を探している。
もちろんフォレスターだって小型のトレイラーくらいなら引っ張ることは可能だが600kg程度しか引っ張ることができない。
しかしアウトバックは1200kgまで引っ張ることが可能だ。



⑥遠くへ行けるからGood!


It may not be important in the city where gas stations are plentiful, but Outback features a larger 18.5 gallon tank, and will travel 591 miles on one tank of gas. The Forester comes with a smaller 15.9 gallon tank with a 508 mile range. Many Subaru owners use their vehicle to get away from civilization to go mountain biking, hiking and climbing. When you are in the backcountry, it could be the difference between getting back and getting stuck.


これは重要ではないかもしれないが、アウトバックはフォレスターよりガソリンタンクが大きいから、1回の給油でより遠くまで走ることが可能な車だ。

By Torquenews



アメリカならでは、という感じがしますよね。





m(__)m毎度の意訳、ご容赦くださいm(__)m


◆Let's get on OUTBACK !




◆今こそスバルに乗ろう!まずは愛車の査定から!

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス



 


ここにくるまでは実に長い道のりだった気もしますが、とうとうスバル新型XVを契約しました!





昨年3月に「僕スバルXVに乗るよ!」と勝手に宣言してから約1年、新車情報から自身の思いの丈まで、自由気ままに綴って参りましたが、ここで第一部は完結、と言ったところでしょうか。


スバル新型XV購入に至るまではいろいろ悩んだりもしましたが、、




結局、初志貫徹、XVの赤(ピュアレッド)をチョイスしました! 






参考記事→スバル新型XVは何色がお似合い?ピュアレッドでしょ!

参考記事→スバル新型XVのピュアレッド画像公開!!


新型XVを買う!と心に決めたその時点で、どこのディーラーで、どんなオプションで、どんなボディカラーにするかはだいたいイメージ出来ていたのですが、1年経ってみるとその決めた内容ほぼそのままで契約しているから不思議なものです。

あれこれ悩んでみても、人間、本能と直感に勝るものはないな、と改めて感じている次第です。




そして皆さんが一番気になるお値引きですが・・



車両本体から11万円!


付属品から11万円!



合計22万円!



でした!


値引き目標は30万円でしたので、下取り車を他社より8万円高く買い取って頂き、値引き合計30万円で気持ちよくサインしました!


関連記事→【速報】これが新型SUBARU XVの見積書だ!気になる値引き額は!?   



商談回数はわずかに2回。


1回目の訪問時、目標額に到達できれば即決する旨担当者にお伝えしていましたので、決済当日の流れは速やか、速やか。


結果を出して頂いた営業マンには感謝!


私は何を買うにも担当者とのフィーリングが合わない限りはどんな良い商品でも絶対に契約しないと決めていますので、今回は担当者にも商品にも恵まれた素敵な契約だったと自負しています。


正直、営業マンで選んだと言っても過言ではありません!


(スバルの営業マンはしつこくないところが好きなのですが、それでも相性の合う合わないはありますし、誰でも良いというものではありませんからね)




選んだグレードは最上級グレードの2.0i-S Eyesight。
オプション含めた支払い総額は350万円。
値引き率8%。


これが高いか安いかはわかりませんが、皆さんの参考になればうれしいですね。


ちなみに他社との比較・交渉は一切しておりません!


1円でも安く購入するためには確かに駆け引きは必要なのかもしれませんが、相手は好調スバル、しかも今売込中の新型車とあってはそれも効果が薄いでしょうし、むしろ、スバルに対する情熱をぶつけて交渉する方が得策だと僕は思います。



スバル新型XVに恋い焦がれ、

一年間ひたすらに追い続け、

素敵なディーラー担当者にも恵まれ、

気持ちよく契約に至ることできた今、

とても清々しい気持ちでいっぱいでございます!



そして肝心の納車は17年7月の予定。
これからはこれまで以上にスバル新型車情報をご提供していくと同時に、XV的ライフスタイル提供型ブログを目指して精進して参ります。

もちろんニッチで行きます!



参考記事→ニッチで行こう!スバル新型XVに乗ろう!
   


これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます!




◆Let's get on SUBARU XV



交通タイムス社
2017-04-10


◆今こそスバルに乗ろう!まずは愛車の査定から!

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス



 


①ずば抜けた安定感!


It gets the new Subaru Global Platform that lowers the center of gravity for less body lean in the corners, an updated suspension, improved body stiffness which will translate to better stability than the outgoing model.


新しいプラットフォーム(SGP)が採用されたことで重心が低くなり、コーナーでの傾きが軽減されているし、サスペンションが改善されたことで旧型に比べ乗り心地がマイルドになり、安定性が増している。


②走りがダイナミック!


Even though Crosstrek has a higher ground clearance for off-road pursuits, the boxer engine sits low in the chassis and gives the crossover a lower center of gravity. This will improve Crosstrek’s driving dynamics. The Crosstrek’s new double-wishbone independent rear suspension mounts its rear stabilizer bar directly to the body, which Subaru says significantly improves body stiffness and stability compared to the outgoing model. It will also get more agile because of something called ATV.


旧型同様、新型XVも十分な地上高を確保しているが、ボクサーエンジンが低い位置に設置されているため、新型XVでは乗り味にダイナミックさが増している。
そして車の構造自体が見直されたことや、一層身軽な乗り心地が体感できる。


subaru_crosstrek_atv



③カーブの安心感が秀逸!


Active Torque Vectoring (ATV), first introduced on the WRX and WRX STI performance cars, is now standard on all 2018 Crosstrek trims. Consumers will get greater control of the crossover and improved hazard-avoidance capabilities. The system helps reduce understeer and keeps the vehicle on the driver’s intended cornering path.


ATV(アクティブトルクベクタリング)はもともとWRX向けに開発された機能だが、今ではスバルのスタンダードな機能となっている。
新型XVにもこのアクティブトルクベクタリングが設定されることでコーナーで振り回されることは軽減されるし、ドライバーは思った通りにカーブ曲がることができることになるだろう。



④ATVがあるからスポーティ!



ATV effectively brakes the inside wheels under cornering and apportions greater torque to the outside of the car, reducing understeer and oversteer to allow a more predictable and controlled course through curves. It will keep Crosstrek carving the tight corner.


アクティブトルクベクタリングがあるからカーブ時だって遠心力によって大曲りすることはなくなるし、これまで以上に車体をコントロールしやすくなっているので、コーナーだってロスなく曲がれるだろう。



⑤悪路走破性も高い!



Active consumers will use the new Crosstrek for weekend adventures like getting to the trailhead for hiking, mountain biking and transportation to the ski slope. For more fun in the dirt and extreme off-road situations, Subaru’s X-Mode traction assist system is now standard on all 2018 Crosstrek trims with the Lineartronic CVT (continuously variable transmission).


新型XVに搭載されているX-MODEがあればどんあ悪路にも対応できるから、ドライバーのアクティブな週末を助けてくれることは間違いない。







アクティブトルクベクタリング、って旧型から設定されていませんでしたっけ・・?


m(__)m 毎度の超意訳、ご容赦ください。 m(__)m


◆Yes, Fun to Drive !

SUBARU MAGAZINE vol.9 (CARTOPMOOK)
交通タイムス社
2017-04-10


参考記事→絶対見逃せない!最新号スバルマガジンvol.09が熱すぎる!!


◆今こそスバル新型XVに乗ろう!まずは愛車の査定から!

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス
 


クルマを選ぶポイントとして絶対外せないのがボディカラーですよね。


関連記事→スバル新型XVは何色がお似合い?ピュアレッドでしょ!


私的には断然ピュアレッド押し、なのですが、ネットで探してもその画像がなかなか見つからない!

新色のオレンジサンシャインやクールグレーカーキの画像はたくさんあるのにピュアレッドが見つからない!



ということで・・


今回は・・


海外のサイトで見つけた・・


お待ちかね(?)の・・


新型XVピュアレッドの画像を一挙に5枚も公開しちゃいます!




まずは正面からどどーん!

2017_subaru_xv_preview_drive_01-0412-750x400


リアからもどどーん!

2017_subaru_xv_preview_drive_02-0411-920x544


サイドからどどどーん!

2017_subaru_xv_preview_drive_08-0411-920x544


ヘッドライトどどーん!

2017_subaru_xv_preview_drive_14-0411-920x544



最後は雪道をどどーん!

2017_subaru_xv_preview_drive_15-0411-920x544

画像元: THE MOTOR REPORT



はい、これだけです!

ピュアレッドにしようかな~と悩まれている方の参考になれば幸いです。



◆スバル新型XVが熱い!

SUBARU MAGAZINE vol.9 (CARTOPMOOK)
交通タイムス社
2017-04-10


参考記事→絶対見逃せない!最新号スバルマガジンvol.09が熱すぎる!!



◆今こそスバルに乗ろう!まずは愛車の査定から!

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス






唐突ですが、新居を建てました!

建てたついでに充電設備も付けました!




もちろん電気自動車の購入予定はございません!(笑)

ただ、日系メーカーは否が応でもアメリカの「ゼロ・エミッション・ビークル(ZEV)規制」に対応する車づくりを求められるわけですから、3年~5年後くらいにはPHV(プラグインハイブリッド車)が世の中の主流になることは間違いないと予想しての先行投資です、ハイ。


※ゼロ・エミッション・ビークル(ZEV)規制についての詳しい情報が知りたい方はこちら↓の記事をどうぞ!

関連記事→新型SUBARU XVには間違いなくPHVが設定される!?



日系トレンディの記事にあるような2017年のPHV登場はちょっと非現実的な気がしていましたが、来年あたりかな~なんて予想していたら本日の東洋経済ON LINEでこんな記載がありました。


スバルは、提携するトヨタから技術提供を受けPHVを開発し、2018年に投入する計画だが、進捗は遅れぎみだ。同社の日月丈志専務は、「PHVの発売は2019年ごろになる。初年度はクレジットでカバーする」と話す。EVの投入は2021年ごろを予定している。


PHVの登場は2019年?

しかも自信なさげに「初年度はクレジットでカバーする」と既に他社からクレジット(排出枠)を買い取ることを前提としている・・

最後はこんな感じで締めくくられていますが、まぁ、新型XVに続き、米国では新型ASCENTの投入、来年には新型フォレスターの投入もあり、販売台数はこれまで以上に伸びるはずなので収益面のビハインドは無いような気はしています。


ZEV規制は米国の他9州にも広がる見込み。米国を稼ぎ頭に高収益体質を築いたスバルも、この先、クレジット購入や環境対応の開発費増加で収益の圧迫が懸念される。
 日系で唯一、水平対向エンジンを持つメーカーとして走りの楽しさを追求してきたスバル。車の電動化が進んでも、「らしさ」を保てるか。



一方、以前にこんな記事をアップしたこともあります。


関連記事→富士重工業、PHVの開発は終了している!?


こちらの記事が正しければ、PHVの先行開発は既に終了し、量産開発に入っているはず。その量産PHVの開発が遅れているのであれば、それはスバルらしいPHVの開発に着手し試行錯誤されているから遅れ気味、そう前向きにとらえることもできますよね!

なのでポジティブな私は、遅くても今から3年後、東京オリンピックが開催される2020年にはスバル初のPHV投入!その2年後の2022年にはスバル初のEV投入!と超勝手に予測し、

私がもうすぐ購入するであろう新型XV購入から5年を経た2022年にはEV車に乗り換え、そして初めて充電設備を使う日が来る・・はず・・と、

前向きに前向きに考えることを決めました!



なぜそんなにポジティブかって?

それは今さらながら妻がこの充電設備が付いていることに気づき、今必要なくない?などと目先の損得しか考えていない発言をしていたからです、ハイ。

妻よ、何事も常に未来志向であれ!



◆20年後、どんな車に乗っている!?




◆今こそスバルに乗ろう!まずは愛車の査定から!

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス